生活支援ワーカー紹介

会津若松市障がい者総合相談窓口は、「障がい者やその家族一人ひとりが抱える問題のすべてを聞き取り、その解決のために各関係機関と連携を図りながら対応していく総合的な窓口があれば」という要望から、平成12年10月に開設しました。

窓口では、在宅の障がいを持つ人やその家族の地域生活に関する相談に応じて、保健・福祉サービスが総合的に受けられるよう支援を行っています。

生活支援ワーカーより

相談窓口では障がい者本人はもとより、家族や関係者の皆さんからの相談も受け付けています。

それぞれに障がいを持ったことで、生活上の様々な課題に直面することが多いのではないでしょうか。そんな時、どんなことで困っているのか、それを解決するためにはどんな方法があるのか、相談を受けながら一緒に考え、改善のための方法が見つけられるようにお手伝いしていきたいと思っています。

ページトップヘ