福島県自立支援協議会-人材育成部会研修会

 8月1日(月)の10時から12時に「相談支援事業所の今後を考える~災害をきっかけに障がい者も健常者も共に暮らすまちを目指して~」と題して研修会を開催しました。

 講師には「社会福祉法人長野県社会福祉事業団 ほっとワークス 山田 優氏」をお招きし、地域の抱える課題やその具体的な支援方法、平成24年4月より、今まで以上に身体・知的・精神障がいと発達障がいを含めた地域の障がい者に対して、サービス利用計画の作成を要することを交えて情報・意見の交換を行いました。

 きたる時期に備えるべく、我々支援者の価値と倫理、知識、技術等の向上が不可欠となっており、さらにフットワーク・ネットワーク・チームワークの3つのワークを心がけて、地域力の拡充を要することを実感できた有意義な研修会でした。

 

 

ページトップヘ